サンゴ礁学ニュース

2012年07月13日UP

国際サンゴ礁学会でミニシンポジウム開催&展示ブース出展

2012年7月9日〜13日に、オーストラリアのケアンズで4年に1度の国際サンゴ礁学会が開催されました。

サンゴ礁学から提案し採択されたミニシンポジウム「Biophysical processes: Coral reef response to multiple stresses: organisms to ecosystems(4c)」は、領域代表の茅根創教授とA01班代表の日高道雄教授を座長として、33名の発表が行われました。発表タイトルは国際サンゴ礁学会のホームページに掲載されています。

■ミニシンポジウム(4cをご覧ください)
http://www.icrs2012.com/MiniSymposia.htm#4

ミニシンポジウムの他にも、日本サンゴ礁学会と台湾の第3回アジア太平洋サンゴ礁シンポジウム等と合同で展示ブースを出展しました。サンゴ礁学からは、総括班と各計画研究班の研究概要と最新の成果、そして昨年北海道大学を中心に設立したサンゴコアセンターの概要をポスターとチラシで紹介しました。この展示ブースの様子は、シンポジウム新聞「coralnews」火曜日の7面にも掲載されています。

■coralnews火曜日号
http://www.icrs2012.com/Downloads/news/ICRS2012_Coral_News_Tuesday_10_July.pdf

P7100010.jpg

事務局 浪崎直子


posted by サンゴ礁学事務局 at 16:01 | Comment(0) | 成果報告会・アウトリーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日UP

研究成果:C01班の成果論文UP・沖縄タイムスでも紹介

研究成果のページに、C01班の成果論文を追加しました。
http://www.coralreefscience.jp/result.html

7/6の沖縄タイムスと7/7の琉球新報に、この論文が紹介されています。ぜひご覧ください。

Hongo C, Kawamata H, Goto K (2012) Catastrophic impact of typhoon waves on coral communities in the Ryukyu Islands under global warming Journal of Geophysical Research - Biogeosciences117:G02029,doi:10.1029/2011JG001902.

2012July06Okinawa Times.jpg
出典:沖縄タイムス2012年7月6日掲載


2012july07琉球新報.jpg
出典:琉球新報2012年7月7日掲載
posted by サンゴ礁学事務局 at 19:38 | Comment(0) | 新聞報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日UP

研究成果:C01班の成果論文追加

研究成果のページに、C01班の成果論文を追加しました。
http://www.coralreefscience.jp/result.html

Yamamoto S, Kayanne H, Terai M, Watanabe A, Kato K, Negishi A, Nozaki K (2012) Threshold of carbonate saturation state determined by CO2 control experiment. Biogeosciences 9: 1441-1450. doi:10.5194/bg-9-1441-2012.

事務局 浪崎直子
posted by サンゴ礁学事務局 at 17:34 | Comment(0) | 研究成果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日UP

研究成果:A01班の成果論文追加

研究成果のページに、A01班の成果論文を追加しました。

■A01班業績一覧(以下、7本追加)
http://www.coralreefscience.jp/result.html

Yuyama I, Harii S, Hidaka M (2012) Algal symbiont type affects gene expression in juveniles of the coral Acropora tenuis exposed to thermal stress. Marine Environmental Research 76: 41-47.

Nesa B, Baird AH, Harii S, Yakovleva I, Hidaka M (2012) Algal symbionts increase DNA damage in coral planulae exposed to sunlight. Zoological Studies 51: 12-17.

Yasuda N, Nakano Y, Yamashiro H, Hidaka M (2012) Skeletal structure and progression of growth anomalies in Porites australiensis in Okinawa, Japan. Diseases of Aquatic Organisms 97: 237-247. doi: 10.3354/dao02408.

Iguchi A, Ozaki S, Nakamura T, Inoue M, Tanaka Y, Suzuki A, Kawahata H, Sakai K (2012) The effect of acidified seawater on coral calcification and symbiotic algae of a massive coral Porites australiensis. Marine Environmental Research 73: 32-36. doi: 10.1016/j.marenvres.2011.10.008.

Nakajima Y, Nishikawa A, Iguchi A, Sakai K (2012) The population genetic approach delineates the species boundary of reproductively isolated corymbose acroporid corals. Molecular Phylogenetics and Evolution 63: 527-531. doi:10.1016/j.ympev.2012.01.006.

Nakamura M, Ohki S, Suzuki A, Sakai K (2011) Coral larvae under ocean acidification: survival, metabolism, and metamorphosis. PLoS ONE 6 e14521. doi:10.1371/journal.pone.0014521.

van Woesik R, Sakai K, Ganase A, Loya Y (2011) Revisiting the winners and the losers a decade after coral bleaching. Marine Ecology Progress Series 434: 67?76. doi: 10.3354/meps09203.

事務局 浪崎直子
posted by サンゴ礁学事務局 at 17:34 | Comment(0) | 研究成果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日UP

サマースクールポスター

サマースクールのポスターができました。現在、参加大学生を募集中です。奮ってご応募ください。

ポスター完成版rev.jpg

事務局 浪崎直子
posted by サンゴ礁学事務局 at 17:11 | Comment(0) | 成果報告会・アウトリーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トップページへ | このページのトップへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。