サンゴ礁学ニュース

2010年04月02日UP

サンゴのにおい

東京工業大学の田中(C02班ポスドク)です。

サンゴを扱う研究者にとって、意外にやっかいなのがサンゴのにおいです。
海の中では全く想像もできませんが、サンプルとして採取して実験室で処理していくと、次第に強烈なにおいを発してきます。サンゴの組織や分泌される粘液がその原因だと思われ、サンゴを冷凍させたりして保存すると一段とそのにおいが強烈になります。このにおいを何かに例えるのは難しいのですが、いい香りとは程遠く、かなり気分が悪くなるような嫌なにおいであることは間違いありません。これまで何人かの友人とこの「サンゴ臭」について話してきましたが、いい香りだと言った人は一人もいません。


そんな中、先日、すごい人を発見しました。
このサンゴ臭がむんむん漂う密室でご飯を食べている人がいたのです。
よく気分が悪くならないものだと大変驚きました。
その人に大丈夫なものかと聞いてみたところ、こんな臭いは「慣れ」だと一言。
まさに密着研究です。


まだまだ自分はサンゴに慣れていないんだなぁと少し反省したこの頃です。



C02 東京工業大学 田中泰章



posted by サンゴ礁学事務局 at 09:56 | Comment(0) | 若手の会から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日UP

デジタル画像を用いた沿岸域モニタリング

国立環境研究所の石原(B01ポスドク)です。

今回は、現在進めている「デジタル画像を用いた沿岸域のモニタリング手法」について紹介させていただきます。

これまでに、沿岸域のモニタリングはいろいろな手法で行われています。例えばサンゴのモニタリングとしては、最も基本的な方法として、定期的に海に潜って一定の範囲をスケッチしたり写真を撮ったりすることでサンゴの変化を観測するコドラート(方形区)調査が行われています。また、衛星画像や空中写真を用いて広範囲の変化を観測する手法も行われています。

これらのモニタリングは、それぞれメリット・デメリットがあり、コドラート調査では、非常に正確な観測を行うことが出来ますが、調査に時間がかかったり、高頻度・広範囲での観測が困難となります。また、衛星画像や空中写真の観測では、広範囲の観測を行うことが出来ますが、高精度での観測が困難となります。

現在、これらのモニタリングを繋ぐ手法として、「デジタル画像を用いた沿岸域のモニタリング手法」を提案し検討を行っています。これは、高い場所(建物の屋上、灯台など)にカメラ(デジカメ、webカメラなど)を設置して、沿岸域の画像を取得する方法です。これにより、コドラート調査よりは高頻度・広範囲の観測が可能になり、さらに衛星画像や空中写真の観測より高精度の観測が行えるのではないかと考えています。

現在は、様々な場所で画像を取得して、どの対象物がどの程度観測出来るのか検討を行っています。この一環として、2月20日から22日まで琉球大学の瀬底実験所の艇庫にカメラを設置させていただき画像の取得を行いました。さらに、画像に写っている場所でサンゴや海藻のコドラート調査も行いました。このようなデータを蓄積していき、撮影条件や観測可能な対象物の判定を行っていく予定です。詳細については、結果がまとまり次第また報告させていただきたいと思います。

また、今回の瀬底実験所の訪問の際には、「瀬底サンゴ礁セミナー」で発表の機会を与えていただき、いろいろな分野の人と交流を持つことが出来ました。サンゴ礁学の若手のメンバーともいろいろディスカッションし、少しづつですがお互いの研究が連携出来る可能性が見つけられてきました。今後はますますこのような異分野連携も進めていきたいと思います。

webcam.jpgseaweed.jpgcoral.jpg

B01 国立環境研究所 石原光則
posted by サンゴ礁学事務局 at 16:03 | Comment(0) | 若手の会から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日UP

2010年1月26日:若手の会報告

みなさま

C01若手の本郷です.

1/26に東京大学理学部にて若手の会が開催されました,

今回は私がまとめ役となりましたので,会にて決定した次の5つのことをお知らせいたします.


---------------------------------------------
1:ストレス図の更新版作成

サンゴ礁から人間活動の関係をいれた
図(共生・共存未来戦略図?)に更新する.
とくに,ストレスだけではなく価値を取り入れたものにする.

〆切:3/20の全体会合まで

とりまとめ役:(深山さん,緑川さん)

-----------------------------
2:フェーズシフトの例を挙げる

各自の専門領域において,課題1に含まれる各要素間に対して,
フェーズシフトの例を探す.

-----------------------------
3:C02モデル図完成にむけて

各自の専門領域において,モデルのインプットデータとなる
数値データをレビューして集めておく.
(単位と時間スケールに注意)

-----------------------------
4:さらなる研究連携のための情報交換

勉強会や学会発表について,サンゴ礁学にこだわらず
若手会MLにて情報を発信する.

-----------------------------
5:サマースクールin瀬底での活動

若手会メンバーが中心となって,参加者にレクチャー(座学)をおこなう.

---------------------------------------------

雑記

冬のサンプリングということで,2/18からC01波利井さんと石垣島に
サンプリングに行ってきます.
posted by サンゴ礁学事務局 at 17:59 | Comment(0) | 若手の会から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トップページへ | このページのトップへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。