サンゴ礁学ニュース

2012年12月30日UP

研究成果:公募研究の奥山英登志さんらの論文を論文ハイライトにUP

公募研究の奥山英登志さんらの論文を、論文ハイライトのページにアップしました。

■論文ハイライト新規掲載
http://www.coralreefscience.jp/result_highlight.html#okuyama
サンゴと褐虫藻に存在するカロチン様色素「P457」の分布とその意義
Wakahama T, Laza-Martinez A, Bin Haji Mohd Taha AI, Okuyama K, Yoshida K, Kogame K, Awai K, Kawachi M, Maoka T, Takaichi S (2012)
Structural confirmation of a unique carotenoid lactoside, p457, in symbiodinium sp. Strain nbrc 104787 isolated from a sea anemone and its distribution in dinoflagellates and various marine organisms.
J. Phycol., 48: 1392-1402. doi: 10.1111/jpy.12018.

事務局 浪崎直子


posted by サンゴ礁学事務局 at 09:04 | Comment(0) | 研究成果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日UP

研究成果:A01A02湯山さんの論文3本を論文ハイライトに掲載

A01・A02班の湯山育子さんの論文3本を、論文ハイライトのページでご紹介しました。

■論文ハイライト新規掲載
http://www.coralreefscience.jp/result_highlight.html#yuyama3
ストレス(高温, DCMU, TBT)に暴露したサンゴから、ストレス応答性の遺伝子を同定
Yuyama I, Ito Y, Watanabe T, Hidaka , Suzuki Y, Nishida M (2012)
Differential gene expression in juvenile polyps of the coral Acropora tenuis exposed to thermal and chemical stresses.
J. Exp. Mar. Biol. Ecol. 430?431: 17?24. doi: 10.1016/j.jembe.2012.06.020.

http://www.coralreefscience.jp/result_highlight.html#yuyama2
共生する褐虫藻のタイプによりサンゴのストレス応答性は異なる
Yuyama I, Harii S, Hidaka M(2012)
Algal symbiont type affects gene expression in juveniles of the coral Acropora tenuis exposed to thermal stress.
Marine Environmental Research 76: 41-47.

http://www.coralreefscience.jp/result_highlight.html#yuyama1
サンゴと褐虫藻の細胞内共生に関与する遺伝子の同定
Yuyama I, Watanabe T, Takei Y (2011)
Profiling differential gene expression of symbiotic and aposymbiotic corals using a high coverage gene expression profiling (HiCEP) analysis.
Mar. Biotechnol. 12: 1436-2236.

事務局 浪崎直子
posted by サンゴ礁学事務局 at 11:01 | Comment(0) | 研究成果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日UP

研究成果:C02班の成果論文・論文ハイライトUP

C02班の研究成果のページに、東京工業大学の渡邉敦さんらの成果論文を追加しました。

■C02班研究成果追加
http://www.coralreefscience.jp/result.html
Watanabe A, Yamamoto T, Nadaoka K, Maeda Y, Miyajima T, Tanaka Y, Blanco A (2012) Spatiotemporal variations in CO2 flux in a fringing reef simulated using a novel carbonate system dynamics model. Coral Reefs
doi:10.1007/s00338-012-0964-2.

また、論文ハイライトのページに、C02班のDadhichさんらの論文紹介を掲載しました。

■C02班論文ハイライト掲載
http://www.coralreefscience.jp/result_highlight.html#dadhich
高解像度衛星データと2次元熱輸送モデルシミュレーションを用いたサンゴの白化分析
Dadhich AP, Nadaoka K, Yamamoto T, Kayanne H (2011) Detecting coral bleaching using high-resolution satellite data analysis and 2-dimensional thermal model simulation in the Ishigaki fringing reef, Japan. Coral Reefs doi:10.1007/s00338-011-0860-1.

事務局 浪崎直子
posted by サンゴ礁学事務局 at 17:29 | Comment(0) | 研究成果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トップページへ | このページのトップへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。