サンゴ礁学ニュース

2012年12月30日UP

研究成果:公募研究の奥山英登志さんらの論文を論文ハイライトにUP

公募研究の奥山英登志さんらの論文を、論文ハイライトのページにアップしました。

■論文ハイライト新規掲載
http://www.coralreefscience.jp/result_highlight.html#okuyama
サンゴと褐虫藻に存在するカロチン様色素「P457」の分布とその意義
Wakahama T, Laza-Martinez A, Bin Haji Mohd Taha AI, Okuyama K, Yoshida K, Kogame K, Awai K, Kawachi M, Maoka T, Takaichi S (2012)
Structural confirmation of a unique carotenoid lactoside, p457, in symbiodinium sp. Strain nbrc 104787 isolated from a sea anemone and its distribution in dinoflagellates and various marine organisms.
J. Phycol., 48: 1392-1402. doi: 10.1111/jpy.12018.

事務局 浪崎直子


posted by サンゴ礁学事務局 at 09:04 | Comment(0) | 研究成果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トップページへ | このページのトップへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。