サンゴ礁学ニュース

2012年09月20日UP

サマースクール3日目

サマースクール3日目、琉球大学の藤村弘行先生から「複合ストレス化におけるサンゴ礁の化学物質」というタイトルで、微量金属や農薬のサンゴへの影響について講義いただきました。

P9190188.jpg

そして、毎年恒例、琉球大学の中村崇先生の測線調査実習、今年は瀬底実験所前に3本の測線を設置し、ラインとコドラート調査を実施しました。結果はカイトグラフにまとめ、各班で発表、ディスカッションを行いました。今年は、カイトグラフ以外に、個体数を集計したグラフを作り、プレゼンするなど、まとめの時間が少なかったにも関わらず中身の濃い発表・議論となりました。

miyaji (59).jpg

夜は、東大海洋アライアンスの赤坂先生・福島先生から、「サンゴと遺伝子」と「人材育成」というテーマで話題提供いただき、それぞれの話題提供に関連してディスカッションしました。赤坂先生の話題に関連して、「これからのストレスにサンゴはどのように適応するか」というディスカッションテーマを、福島先生の話題に関連しては「人とサンゴ礁の共生共存のために必要な学術領域は」という2つのテーマを提示し、グループでディスカッションをしました。グループでのプレゼンとそれに対してのコメントも大変白熱し、終了時間またもオーバーしても続いたため、さらに夜へのディスカッションへと流れてゆきました。

P9190295.jpg

事務局 浪崎直子


posted by サンゴ礁学事務局 at 08:23 | Comment(0) | 成果報告会・アウトリーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トップページへ | このページのトップへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。